三線と「熊之介」

趣味の沖縄三線と愛犬のブラックトイプードル「熊之介」の関連
CALENDER
<< September 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く
はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く

三線や民謡の様々な勉強が出来ます。
+RECOMMEND
沖縄の歌・三味線 決定盤
沖縄の歌・三味線 決定盤

登川誠仁作の「豊節」が入っているCDを探していて見つけました。三線と唄だけのシンプルな構成ですが唄者は徳原清文をメインに松田弘一・松田末吉・金城実・前川守賢・与那覇徹・与那覇ゆきえと一流揃いです。その上、工工四も付いて三線教材としてもお奨めできます。選曲も入門者向けから上級者向けまで幅広いです。
+RECOMMEND
DVDで学ぶお稽古。よなは徹の三線教室 初級編
DVDで学ぶお稽古。よなは徹の三線教室 初級編

DVDで学ぶ三線教室。
若手ナンバー1の唄者、よなは徹が教える三線の入門書。三線の構え方から弾き方までを丁寧に優しく教えてくれます。基礎練習は1週間。よなは徹さんが見つけた画期的な練習法は、1週間でどんな曲にも対応出来るようになります。工工四は、沖縄の音楽の魅力を余すことなく伝える、古典音楽、琉球民謡、島うたポップスまでを網羅。よなはさんのロングインタビューのほか、古謝美佐子さん、「カチャーシー・アー・ゴー・ゴー」の若いメンバーらとの対談、座談会と読み物も充実しています。
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
八重山黒木「南風原型」
比屋根三味線製作所さんにオーダーしていた八重山黒木「南風原型」が届きました。
「棹材に、石垣島にて伐採より立ち会い、30年以上寝かせた八重山黒木を使用、希少な一品です。」このフレーズに惹かれオーダーしました。(今年の3月に沖縄に行った際、工房にはお伺いしていたのですが完成品が有りませんでした、帰ってからも比屋根さんのブログを見ていてやっぱり八重山黒木が1本ほしい!この値段なら・・・とオーダー)

「原型の寸法ですと、細すぎて弾きづらいので、弾き易い程度に寸法を変えております。昔の型をできるだけ崩したくないと考えている。」この言葉のとおり私の持っていた南風原のイメージよりは若干がっしりとした造りになっていますが、きれいに仕上がった棹を見ているとこれも「比屋根南風原」の個性的な魅力だと思っています。

比屋根さんは製作過程の三線の写真を送って下さいましたので、順を追ってアップしてみます。
【棹材の選定】
私のお願いした価格帯ではかなり良いものを選んで頂けたようです。


【棹の削りだし後】


【棹の塗り完成】
スンチー塗り(代用漆:樹脂塗料)おそらくカシュー樹脂塗料だと思います、薄茶色のきれいな塗りです。


【職人さんの名入れ】
普段から入れられているのかは不明ですが、お願いしてみました。(無理を言ったのかも?)


【完成品】
ティーガーも私が希望するものをわざわざ購入して付けて下さいました。(これまた、無理を言ってしまいました。)


音は高めで良く響きます。
最高級品ではありませんが、まだまだ、未熟者の私にはもったいない三線です。(練習しよう・・・)

| haro | 三線 | 12:15 | comments(0) | trackbacks(1) |
圧密加工材の三線
沖縄三線が色んな意味で変わろうとしています。
黒檀の不足、外国産三線の流入、等を背景に圧密乾燥技術を用いて木材比重を高めた安価な木材による良質三線が
生まれてくるかもしれません。
ちょっと複雑な心境です。
黒木より安い値段で黒木の様な良質の三線が入手できるようになるのは良い事かも知れません。
でも何か弊害も有るような気もしています。
県内産、外国産に加えて魚のように「天然もの」「養殖もの」的な区別が増えるのでしょうか。
圧密加工三線が三線店に並ぶのはさて、何時の日か・・・?

【記事より】
##########################################################
木材容積の比重を高める県工芸指導所の圧密(あつみつ)加工技術 を用いて、街路樹にも使用されている
沖縄の樹木イスノキを活用し三線を製作する。 1日の記者会見では同技術で加工したイスノキ材を棹に用いた
三線の試作品を披露。
沖縄伝統楽器・三線の原材料である琉球黒檀の入手が困難になっている。癒し効果のある 沖 縄三線を地元の
素材と新しい加工技術(圧密技術)により、沖縄産材の活用を図り、 純沖縄産 三線のブランド化を図る。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-15915-storytopic-4.html

http://www.s-iri.pref.shizuoka.jp/tech/tree/17e007.htm

###########################################################
| haro | 三線 | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
関西の沖縄民謡スナック 「瀬底(シーク)」


「瀬底(シーク)」
兵庫県尼崎市戸ノ内町5丁目3-104
TEL:06-6498-3237 地図

特に民謡スナックを前面には押し出しているわけではありませんが、沖縄出身のママと娘である姉さんがカラオケで唄を聞かせ、また教えてくれます。(唄は抜群に上等です。)
スタンダードの沖縄民謡だけでなく、琉球民謡研究所ではなかなか習う機会の無いような沖縄の情け唄など色々教えて貰え、とても勉強になります。
泡盛はもちろん、ママの料理もおいしくていつも苦しくなるまで食べてしまいます。
| haro | 沖縄民謡 | 15:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
戸ノ内道じゅねー

関西の沖縄として有名なのは大阪市大正区ですが、
尼崎市戸ノ内町にも沖縄の伝統が受け継がれています。
今年も「琉鼓会」の皆さんが長時間にわたり勇壮なエイサーを踊りました。
最後には多くの観客も一緒に「カチャーシー」で盛り上がります。
| haro | - | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) |