三線と「熊之介」

趣味の沖縄三線と愛犬のブラックトイプードル「熊之介」の関連
CALENDER
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く
はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く

三線や民謡の様々な勉強が出来ます。
+RECOMMEND
沖縄の歌・三味線 決定盤
沖縄の歌・三味線 決定盤

登川誠仁作の「豊節」が入っているCDを探していて見つけました。三線と唄だけのシンプルな構成ですが唄者は徳原清文をメインに松田弘一・松田末吉・金城実・前川守賢・与那覇徹・与那覇ゆきえと一流揃いです。その上、工工四も付いて三線教材としてもお奨めできます。選曲も入門者向けから上級者向けまで幅広いです。
+RECOMMEND
DVDで学ぶお稽古。よなは徹の三線教室 初級編
DVDで学ぶお稽古。よなは徹の三線教室 初級編

DVDで学ぶ三線教室。
若手ナンバー1の唄者、よなは徹が教える三線の入門書。三線の構え方から弾き方までを丁寧に優しく教えてくれます。基礎練習は1週間。よなは徹さんが見つけた画期的な練習法は、1週間でどんな曲にも対応出来るようになります。工工四は、沖縄の音楽の魅力を余すことなく伝える、古典音楽、琉球民謡、島うたポップスまでを網羅。よなはさんのロングインタビューのほか、古謝美佐子さん、「カチャーシー・アー・ゴー・ゴー」の若いメンバーらとの対談、座談会と読み物も充実しています。
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
パピル節を知りませんか?
パーシャクラブのボーカル&三線奏者、また八重山民謡の唄者である新良幸人の唄っている「パピル節」または「綾蝶」という唄を練習したくて工工四を探したいますが見つけられない状態です。どなたかご存知の方がおられたら教えて頂けないでしょうか?
・この本(工工四)に載っている、とか
・元唄はこんな曲名だ、とか
・新良幸人さんはこの調弦で演奏しているよなど
情報をお持ちの方宜しくお願い致します。

| haro | 沖縄民謡 | 00:26 | comments(9) | trackbacks(0) |

コメント
ハルさんこんにちは、初めまして。ちょこっと通りかかった者で恐縮ですが、「はびる節」のことでまだ情報をお持ちでないならと書き込ませていただきます。

曲名は「綾蝶」(あやはびる)でいいと思います。割と有名な曲かと思うんですが、歌いだしが

「スーリ東 打ち向んてぃ 飛びゅる 綾蝶
 スーリサーサー スラーサハイヤ」

であるならこの曲かと。

 うちの流派で使っている工工四では「綾蝶」となってますが、それよりも「ちんだみ工芸」さんとこの緑の表紙の工工四のほうが手に入りやすいと思います。そちらでは曲名が「スーリ東」となってますが、譜面は(うちの流派でいうところの)「綾蝶」でした。

 あと、通常人差し指は乙・上・五のところをホームポジションとしてると思うんですが、この曲は老・中・六のところを人差し指で押さえて演奏します。普段ある位置よりもひとつ胴に近いとこへ手を置くというか……言い方がよくわからないので抽象的で申し訳ないんですが ^^;

 あと調弦は本調子です。私が知ってるのはこんなところなのでお役に立てるかどうかわかりませんが……参考になればいいなと思います。
 
 三線のブログ、これからも更新してくださいね。同じ練習中の身として応援してます。
| 蓮 | 2005/06/25 1:35 PM |

ハルです、コメントありがとうございます。
私も幾らか調べていたのですが、教えて頂いた「スーリ東」と「胡蝶の舞〜綾蝶節」が確かに原曲のような感じで、歌詞も曲の構成も非常に似ているのですがメロディが異なるのです。(単純な言い方をするとパピル=明るく、ほかは少し暗い感じ)
もしかしたら、これらの曲をアレンジして新良幸人さんがメロディーも変えたオリジナルなのかもしれないとも考えましたが、先日、あるお店の有線放送で「パピル節」と同じメロディーで新良さんとは別の人が歌っているものが流れていました。
新良さんの曲としてカバーしているのかも知れませんが、歌詞も少し違っていたようなので民謡として同じメロディーの元唄が有るような気がします。
##################################
参考
【パピル節:唄もち部分(本調子)】
(自分で大雑把に音を拾ったものですが・・・)
合四○四上○四上○中合○
中工○工五○工中○工合○
工五○工中○工上○工中○
工合○四上○工中○工上○
中四○四合○乙四○○四○
##################################
ただ、↑の手で新良幸人さんの演奏に合わせようとすると
調子笛を「9」の高さにしなければいけないので、三線用の弦では無理で奄美三線の弦が必要になっています。
私も、声の高さが新良幸人さんと同じくらいなので困っています。また、CDを聞く限り、新良幸人さんの演奏は私の採譜の手とは異なっています。おそらく調弦が違うか、高音のポイントで演奏されているのではないかと考えています。

また情報ありましたら宜しくお願い致します。




| ハル | 2005/06/26 6:29 PM |

改めてネット調べているとどうも一揚げの調弦だと言う情報がありました。
これで蓮さんの言われていたポジション(中位)で弾いてみると何とかなりそうな感じです。(難しそうですが・・・)
蓮さんのコメントのおかげで少し見通しが付いてきました。有難うございます。
| ハル | 2005/06/27 11:21 PM |

はじめまして、放蕩息子と申します。いつも「三線さがし」のサイトで色々なお店の三線を見ては、楽しませていただいています。

さて、いささか旧聞に属しますが「綾蝶」について。

大浜安伴の「八重山古典民謡工工四」はご覧になりましたか?その下巻で「胡蝶の唄」として採譜されている歌が、新良幸人のアルバム「月虹」に、「綾蝶」として収録されている唄と同じ(歌詞は違う)ではないかと思うのですが。

ちなみに大工哲弘のCD(オフノート 大工哲弘/大工哲弘 ON-05 1995年)にも「胡蝶の唄」が収録されていて、こちらはまた、「月虹」とも大浜安伴の工工四とも、歌詞が違うのですが、メロディーそのものは「月虹」と同じと思います。非常に明るく、テンポの良い唄です。(むしろ「月虹」よりも明るくて、能天気な感じ(^_^;;です。)

大工哲弘の上記のCDと新良幸人の「月虹」は、どちらもオープニングが「月ぬ美しゃ」で、エンディングが「月ぬ真昼間」、その他にも共通の収録曲があり、両社の対比は中々興味深いです。もしご興味があれば、こちらも是非、お聴き下さい。
| 放蕩息子 | 2005/08/02 11:11 AM |

放蕩息子さんはじめまして。
情報有難うございます。
大浜安伴の「八重山古典民謡工工四」の「胡蝶の唄」最近手に入れました。
そこで教えて頂きたいことがあるのです。
一揚のちんだみの事なのですが、私がネットで調べた範囲では二通りの方法が書かれていました。

本調子を男弦C(ド)F(ファ)C(ド)女弦 とした時

(1)男弦 E(ミ) F(ファ) C(ド)女弦 の場合
(2)男弦 D#(レ#) F(ファ) C(ド)女弦 の場合(但し、中と尺のポイントが半音下がる)

「胡蝶の唄」の工工四を演奏する場合、放蕩息子がご存知の「調弦」、「ポイントのずれ」等を教えて下さい。
自分でちょっと試した感じでは(2)の方だと思いましたがそれで良いのでしょうか?
宜しくお願い致します。







| ハル | 2005/08/03 11:29 PM |

ハル様

ははははは(^_^;;。いまだに本調子の曲しか弾けない私に一揚の説明なんか、とてもムリです。カンベンしてくださいm(_*_)m。

と、言いたいところなのですが…。

漆畑文彦さんの名著・『はじめての三線』にチンダミに関する詳しい記述があったような…。と思って見てみましたら、ありました(^_^)v。同書の110ページですが、

 一揚のチンダミは、本調子の男弦を《老》の音まで上げたものとされていますが、八重山民謡のCDやビデオで確認したところ、一揚の男弦の高さは本調子の《老》の音…中略…よりも低くなっています。

と、あります。
ですので、チンダミについては確かに(2)のようですね。ただし、その後に

これで演奏する場合には《中》《六》の押さえる位置が低くなります

とあって、《尺》の位置についての説明はありませんでした。
何しろ私自身では全く弾けない曲ですし、後は実際に本を読んでいただくこととして、これ以上は本当にカンベンして下さい(笑)。

ただ、『はじめての三線』の一揚の説明の中には古典の『蝶小(はべるぐわ)節』や、沖縄民謡の『すーりー東(あがり)節』の話が出てきたり、すぐ後に《尺》の位置の移動についての話なども出て来ます。ですから、その辺も含めてハルさんがご覧になれば、色々な疑問点が全て解決するかもしれませんよ。
(私がそのレベルまで到達するには、まだあと10年くらい掛かりそうですが…(^_^;;。)
| 放蕩息子 | 2005/08/05 9:59 PM |

放蕩息子さん有難うございます。
漆畑文彦さんのホームページ「いちにの三線」で(2)の調弦をしりました。(その本も持っていましたが気付いていませんでした。)
工工四どおりに弾くのは私もまだ難しそうですが、工工四を元に耳コピーした感じにアレンジして練習してみます。
本当に有難うございました。
| ハル | 2005/08/08 11:46 PM |

はじめまして私も新良幸人さんの綾蝶の工工四を探してまして
こちらに立ち寄らせていただきました。

沖縄三線教室というサイトで練習曲のリクエストを募集してましたので
リクエストしました。もし良かったら清き一票を!!!
サイトのURL入れましたが念のためこちらです↓
http://www.sansin.gr.jp/index.htm
| ちゃーりー | 2005/08/20 10:31 PM |

ちゃーりーさんこんばんは、一応投票しておきましたよ。
でも、これって入会しないと見れないのでは・・・
| ハル | 2005/08/24 10:58 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://haro.blog.bai.ne.jp/trackback/2998
トラックバック